• プレミアムタクシー
  • 協会キャラクターご紹介
  • タクシーコンシェルジュ
  • アビスパ福岡応援タクシー
TOP > 福岡の観光 > 金印と志賀島めぐりコース
金印と志賀島めぐりコース 金印と志賀島めぐりコース
漢倭奴国王の金印が発見された志賀島を中心に、博多・福岡の歴史に触れるコースです。
博多駅から約4時間ほどのコースになります。
コース詳細タイトルバー
【料金】小型:14,000円 中型:18,000円 大型:20,000円 特大:21,500円
【所要時間】移動:130分 + 観光:110分 = 240分
【コース内容】
博多駅 → 金印公園 → 志賀島一周 → 志賀海神社 → 福岡市博物館 → 櫛田神社・博多町屋ふるさと館 → 博多駅
見所スポットタイトルバー
金印公園写真
金印公園
〜卑弥呼の時代を思い起こさせる風景〜

1784年に『漢委奴国王』と記された金印が発見されたことを記念して設立されました。 金印は、後漢の光武帝が倭の奴国の使者にあたえたと伝えらています。 春は公園を取り巻く桜の木々がたいへん綺麗です。

矢印
志賀島写真
志賀島
〜歴史ロマン漂う金印発掘の地〜

玄界灘と博多湾の境目に浮かび、後漢の光武帝から贈られたという金印が発見されたことでも有名な島です。 夏には、海水浴に訪れる人も多く、歴史と自然を満喫できる福岡の観光スポットの1つです。

矢印
志賀海神社写真
志賀海神社
〜海神の総本社〜

海洋の神「少童命」(わたつみのみこと)を祭神とし、昔から海上守護の神として信仰されています。 境内には国指定重要文化財の朝鮮鐘の他、鹿の角一万本を納めた鹿角堂(しかつのどう)や万葉歌碑があります。

矢印
福岡市博物館写真
福岡市博物館
〜博多・福岡の歴史を知る〜

漢倭奴国王印(金印)や黒田節にも歌われている名槍「日本号」をはじめとして、 博多・福岡との関連性の強い歴史的資料が中心に展示されています。 主に福岡市内の遺跡から発掘された遺物や黒田氏の所蔵品が多いことで有名です。

矢印
櫛田神社写真
櫛田神社
〜祇園山笠の出発地といえばここ〜

博多の鎮守神として古くから崇敬を集める櫛田神社は、博多どんたく・博多祇園山笠・博多おくんちと 博多を代表する祭の中心として有名です。 境内には豪華な飾り山笠が常時展示されています。

博多町屋 ふるさと館写真
博多町屋 ふるさと館
〜博多の明治時代の街並を知る〜

明治時代の街並みを再現したふるさと館では、当時の暮らしの様子や、伝統工芸について学ぶことができます。