• プレミアムタクシー
  • 協会キャラクターご紹介
  • タクシーコンシェルジュ
  • アビスパ福岡応援タクシー
TOP > 福岡の観光 > 福岡の名園めぐりコース
福岡の名園めぐりコース 福岡の名園めぐりコース
大濠公園にある日本庭園など新旧の博多の名園など、博多の情緒を探ります。 博多駅から3時間で博多の情緒を探るオススメコースです。
コース詳細タイトルバー
【料金】普通:10,500円 大型:15,000円 特大:16,000円
【所要時間】移動:65分 + 観光:115分 = 180分
【コース内容】
博多駅 → 大濠公園・日本庭園 → 友泉亭 → 福岡東洋陶磁美術館 → 櫛田神社・博多町屋ふるさと館 または 東長寺・聖福寺・承天寺 → 博多駅
見所スポットタイトルバー
大濠公園写真
大濠公園
〜全国でも有数規模の水景公園〜

福岡市のちょうど中央に位置する大濠公園は、慶長年間に黒田長政が福岡城築城の際に、 博多湾の入り江を外堀として利用したものです。 公園内には、周遊道、野鳥の森、能楽堂などがあります。

大濠公園日本庭園写真
大濠公園日本庭園
〜古典美と近代性が融合した築山林泉廻遊式庭園〜

白壁の築地塀と樹林に囲まれた園内12,000平方メートルもの園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、枯山水庭、 数寄屋造りの茶室と露地庭などが配置され、これらをつなぐ園路によって廻遊するようになっています。

矢印
友泉亭写真
友泉亭
〜閑静で緑豊かな空間〜

友泉亭は、黒田家六代藩主継高の別館として江戸時代中期に建てられたものです。 昭和56年に福岡市が歴史公園として開園しました。 園内には閑静な空間が広がっており、茶会に利用される茶室もあります。

矢印
福岡東洋陶磁美術館写真
福岡東洋陶磁美術館
〜溝口虎彦が収集したコレクションを多数収蔵〜

中国・朝鮮・日本における古陶磁の歴史を展示。茶陶・煎茶器・文房具飾りや茶室、日本庭園を収容。 時代は、彩陶~清代(中国)、高麗~李朝(朝鮮)、縄文~江戸(日本)など多岐にわたっています。

矢印
櫛田神社写真
櫛田神社
〜祇園山笠の出発地といえばここ〜

博多の鎮守神として古くから崇敬を集める櫛田神社は、博多どんたく・博多祇園山笠・博多おくんちと 博多を代表する祭の中心として有名です。 境内には豪華な飾り山笠が常時展示されています。

博多町屋 ふるさと館写真
博多町屋 ふるさと館
〜博多の明治時代の街並を知る〜

明治時代の街並みを再現したふるさと館では、当時の暮らしの様子や、伝統工芸について学ぶことができます。

または
東長寺写真
東長寺
〜弘法大師が創建した日本最古の霊場〜

東長寺には、博多名物の日本最大の木彫り座像「福岡大仏」と呼ばれている仏像があります。 「福岡大仏」は、総檜造に金塗装で完成しています。

聖福寺写真
聖福寺
〜臨済宗妙心寺派の寺院である日本最初の禅寺〜

日本にお茶を伝えた栄西禅師が開いた我国最古の禅寺です。 後鳥羽天皇から贈られた山門の額には「扶桑最初禅窟」と書いてあり、 意味は日本で最初の禅寺という意味。境内には山門、仏殿、本堂、鐘楼などがあり境内全域が国の史跡になっています。

承天寺写真
承天寺
〜鎌倉時代に創建された臨済宗の寺院〜

承天寺の山門前に「山笠発祥之地」の碑があるとおり、この寺が博多の祭り博多祇園山笠の発祥の地と言われています。 毎年の山笠の追山では承天寺の前に清道旗(赤地に清道と書いた旗)が立てられ、承天寺の住職が見守る前で追山が清道旗をぐるりと回ります。